メインイメージ画像

保険代理店の・Rンシェルジュを利用してみましょう

保険の良い選び方をおさらいしてみます。保険の加入を比較検討したい時、最初にどこに行くでしょう。保険会社ですと、もちろんそこの保険会社が販売するラインナップからしか検討することはできなさそうですね。可能な限り多数の商品の選択肢が欲しければ、保険代理店のコンシェルジュを利用してみましょう。このタイプの総合代理店は、様々な保険会社の代理店を行っており、会社に囚われることなく、保険商品を検討することができるのがメリットです。

保険のプロであるファイナンシャルプランナーが丁寧に保険の切り替えをバックアップしてくれることでしょう。

保険金の種類の内、税金が課せられる保険と課せられない保険が存在します。会社員だと税金を取られている感覚がありませんが一度見直しをしましょう。はじめに、原則として被保険者が受取人となり、治療にまわされる入院給付金、通院給付金などは税金がかかりません。

一方、課税対象となる保険は、死亡保険金、養老保険、学資保険の満期金などです。それらは、各受け取り方によってどういった税金を支払うのか違います。税金の種類によって支払額も変わるので損をしないためにもちゃんと確かめましょう。

資産運用と聞くと定期預金や株などが考えられますが、保険も資産運用出来るものなのです。

まず、いずれの保険が資産運用可能なものかというと、終身保険、養老保険、個人年金保険などです。現時点で支払っている保険を確認する際に、こういった資産運用出来る保険を探す事も今後の備えのひとつにおすすめです。しかし、最近は各保険会社がいろいろな商品を出しています。ひとつひとつ返戻率、利率が違うので、前もって再度チェックすることが大切でしょう。